ハープ教室の生徒さんの声

ハープ奏者みつゆきの教えるハープ教室の生徒さんの声

小さい頃から大好きな音色だったハープ by T.S

小さい頃から大好きな音色だったハープ by T.S

小さい頃から大好きな音色だったハープ。まさか自分が手に取りそれを弾く事になるとは想像もしていませんでした。(まだまだ何の曲も弾けませんが・・・)

ただただ無心にふれているだけで、こんなにも癒される楽器は他にもあるのでしょうか?

もともと音楽には癒し効果があるのを感じていましたがこのハープの音にはとても素晴しいヒーリングパワーが宿っているのをよりいっそう体感しています。

ハープとの出会いは私に大切な友達と再会し、共に喜び合えた「なつかしさ」を感じさせてくれました。
これからもこの親友とつかず離れずマイペースに、だけど気がつけばいつも寄り添っているようなお付き合いをしていきたいと思っています。

 

-ハープに出会ってから- by O.Y

私は、3年前に、あるホームコンサートで、みつゆきさんのハープの音に出会いました。
クリアな音が体の中にすっと染み込んでいって、気がつけば涙が流れている。不思議でした。特に悲しいとか、うれしいとか、感情を伴わない涙。

ハープを自分で弾くようになって、音を感じることを知りました。その場所・人・空気・建物、全てと響きあう音を感じることが楽しくて、今日はどんな音に出会えるんだろうと思うとワクワクします。その時だけの音。

「音を聴く」と言うけれど、耳で聞くのが半分、体中の皮膚で聴くのが半分、いいえ、もっと、いろんなところで、聞いているのかもしれません。音が運んできてくれる情報は、奥行きがあります。何百年・何千年の時を超え空間を超えて、この一瞬に集約されて、響きます。
ハープの音は、感性を取り戻していくことを教えてくれます。感性って何?どれ?っていうぐらい鈍い私でしたが、今まで素通りだったことに、気付くことが、多くなりました。
もともと自分の中にある力に気付いていくことのきっかけになる音。光そのもの。

最近、曲を作りたいという思いがわいてきました。ハープだから、作りたいと思うのでしょうか。ハープの響きの中に、太古からの流れを感じます。ものすごくパーソナルなメッセージ、人にとどまらず、全ての一つ一つに向けて。包括する大きな流れを感じます。
曲でなくても、ただただ、音があるだけでいい。その音を丁寧に拾い集めることが出来たらいいなと思っています。

ハープは、楽器を超えて、いろんなことを教えてくれる大切なツールです。

 

よけいなこだわりを忘れさせてくれるハープ  by H.M

ハープに出会ってから生活が変わったといっても過言ではありません。

がんばって弾こう!とファイト満々にすると、きれいな音が出ないフシギな楽器です。
無我になって弾くときれ~いな音が出ますね。

我欲を捨て、よけいなこだわりを忘れさせてくれるハープです。

私のハープは人と、旅するのが好きなようです。

ハープに出会えて感謝!の日々です